仕事の知恵

飲食店店長がゼロから作るネット通販の始め方【店の料理を通販で販売する方法】

  • 飲食店をやっているけどネット通販もしたい
  • まず何から始めていいかわからない
  • ネットショップの始め方を知りたい

ネットショップ・通販サイトの立ち上げについてのお悩みを解決します!

こんにちは、おかおかです!

飲食店を経営されている方で、自分達の料理・食品を自分達のお店で食べてもらうこと以外に、ネット通販で販売していきたいと考えている方はいませんか?

今回のこの記事では飲食店の店長をしているおかおかが、ネットショップをやったことがない飲食店の店長の僕、おかおかが「実録!ネットショップ経験ゼロから始める飲食店の店長が自社のネット通販サイトの始めた方法」を書いています。

この記事を読めば飲食店のネットショップ開業までの道筋が分かります。
とりあえず始めたいなと思っている、飲食店経営者のみなさんに向けて今回は書いてますので、ぜひぜひ読んでいってください!

今回の記事は実際におかおかが一人で何も分からない所から、ネットショップ開業までできた道筋をもとに書いています。

おかおか
おかおか
分からないながらも調べながら、僕でも通販サイト開業までいけました。
誰でもできる方法です。
安心してください。

ちなみにわがお店の通販サイトはこちら。
誰でもこの程度のことならできるようになりますので、安心してください。

千成のネット通販ショップ

それでは詳しく解説していきましょう!!

ネットショップを作るためにやらなければいけないこと(飲食店の場合)

まず始めに飲食店が始めるネットショップはどういう道筋なのかまとめると

  1. どういったものを売るか考える
  2. 保健所で食品製造許可をとる
  3. 実際に商品を試作する
  4. 専門の検査機関に商品を検査してもらって安全な食材か検査する
  5. 販売するサイト作る
  6. 手数料・原価を考え利益がでるか検討する
  7. 配送方法・配送形態を検討する

こういった行程を踏めば、問題なくネットショップを開店させることができます。
それでは各項目を詳しく解説していきます。

ネットショップでどういう方向性の商品を売りたいのか考える

まず考えることは、ネットショップの根幹であるお店の「コンセプト」です。

飲食店の経営者の皆さんは、自分のお店のコンセプト・ウリを明確にお持ちだと思います。
自分のお店の方向性が決まらないとお店は開けないですよね?

ネットショップも同じです。
お店の方向性を決めましょう。

おかおか
おかおか
飲食店経営者の方なら大抵の方は、既存のお店で出している料理を通販したいということになろうかと思います。

例えば

  • パスタを出しているのでパスタソースを販売したい
  • 特製のもつ鍋セットを売りたい
  • 自家製の焼肉たれを売りたい

ぱっと考えても色々アイデアは出てきます。

皆さんも色々思い浮かびましたか?

思い浮かんだ商品。
それ、そのまま作って通販したら違法です・・・。

飲食店ではそんなことしたらダメなんです。

詳しくはこちらの記事で書きました。
飲食店がネット通販をするうえでクリアするべき問題《テイクアウト・持ち帰りは現行でOK》

この記事で書いたことは、飲食店は製造業の許可を新たに取らないと通販はできないということなんです。
この製造許可を取ることができなくて、通販を断念せざるをえないというお店はたくさんあります。

次にその製造許可について詳しく解説していきましょう。

加工食品を売るなら、保健所から食品製造業の許可をとらなければならない

飲食店というものはその場ですぐに食べるものを提供するということで、販売許可を得ています。

前回の記事でも書きましたが、飲食店ではその場で食べるものとすぐに食べるテイクアウト食品なら、販売ができるということになっています。
詳しくは前回の記事をご覧ください。

飲食店がネット通販をするうえでクリアするべき問題《テイクアウト・持ち帰りは現行でOK》

テイクアウト・持ち帰りを重点的に強化しているお店さんも多いと思います。
さらにテイクアウトを強化するうえで、テイクアウトアプリを導入して、もっと効率よく注文をとれる体制をとっていきませんか?
テイクアウトアプリ「menu」を導入して、電話注文だけでなくアプリを使って電話を取り損ねたりすることなく、しっかり注文をとれる体制を作ることができます。
詳しくはこちらの記事を書きましたので見てみてください。

《飲食店集客》テイクアウトアプリ「menu」を導入して売上アップをねらおう!

ネット通販では数日後に食べるというものを販売する、そんな商品を販売していくことになります。
それでは飲食業の飲食許可証では製造することができません。

製造するためには新たに「製造許可証」を取得しなければなりません

例えば

  • 菓子製造業
  • ソース製造業
  • 食肉販売業
  • 食肉製品製造業
  • 惣菜製造業
  • 食品の冷凍・冷蔵業
  • などなど

まだまだたくさん他にもあります。

これはあくまで一部です。
例えば焼肉屋さんで、自分達が仕入れた肉と自分のお店で作ったオリジナルタレをつけた焼肉セットを作ったとします。

その焼肉セットを売るためには、食肉販売業とソース製造業の2つがないと販売できない可能性が高いということです。

どこまでOKでどこからがアウトなのか、詳しくは最寄りの保健所へお問い合わせください。

おかおか
おかおか
こういう焼肉セットみたいなものを販売しているお店ありませんか?

食肉販売業を持っているお店であればOKですが、飲食許可だけのお店であればかなりまずいですので、止めたほうがいいです。

各製造業の許可は保健所でしっかりと相談をすれば、何の製造許可をとればいいか教えてもらえますので、まずは保健所に行って相談されることを強くおすすめします。

おかおか
おかおか
間違っても無許可での製造・販売はやめましょう。

このあたりの詳しい情報もこちらの記事で書きました。
こちらをどうぞ。

飲食店がネット通販をするうえでクリアするべき問題《テイクアウト・持ち帰りは現行でOK》

実際にネットショップで売る商品を試作する

おかおか
おかおか
晴れて製造業の許可を得られたかた、おめでとうございます!

大変だったことでしょう。
少なからず投資・リフォーム・新たな設備などお金を使って製造許可を得られたと思います。
もう少し頑張っていきましょう!!

ここまできて、ようやくスタートラインに立てたというべき状況ですね?

ここから商品開発、そして試作品の製造です。

  • 何を作るのか
  • どういった形状なのか
  • 保存方法は?
  • 食材は?
  • オリジナリティがあるか
  • そもそも販売できそうなものか
  • 買ってくれる人がいそうなものか
  • ちゃんと利益が出る商品なのか

考えなければいけないことは山積みです。
一つ一つクリアしながら、試作品を作ってみましょう。

試作品を検査機関で検査する

試作品ができたら、専門の検査機関で検査をしてもらいましょう。
この検査では主に細菌・ウイルス検査をします。
食品では大腸菌が陰性でなければ、出荷停止という処置になります。
最低限の検査は必ず必要になります。

また賞味期限の検査やアレルギー物質の検査も必ずしも必要ではないけれども、奨励されている事項です。

話は変わりますが、こういった食品検査をする機関では他に大きなこととして
「異物混入検査」が大きなウエイトをしめているそうです。

食品のクレームの一番多いものが「異物がはいっていた!」というクレームです。

飲食店でも多いですよね?髪の毛が入ってるとか糸くずが入ってるとか。
ほとんどがお店なのかお客さんから出たものなのか分からないけど、とりあえず謝罪して取り換えるとか何かサービスしてやるとか対応される事案です。

製造業でもこういったクレームが一番多く、とりあえずその商品を回収して検査機関で検査してもらうということが多いそうです。
クレームを言われたときには、実際のものを回収してしかるべき機関で検査してもらい、しっかりとした検査を持ってクレームに対応することが求められることかなと思います。

お客さんの手元で商品をおいしく食べれるように食べ方・温め方・保存の仕方を検討する

試作品ができたら、実際にお客さんがどのように調理したり、温めたりすればいいか検証していきます。

  • 家庭にある調理器具でできる方法
  • 時短で調理できる
  • 洗い物が少なくすむ
  • 調理のテクニックがなくてもできる

こんな方法が取れるように検証していきます。

例えば

  • 解凍すればすぐ食べられるもの
  • 解凍は自然解凍するとおいしく食べられますとか
  • 自然解凍は凍ったまま冷蔵庫で5時間ほどいれればOKとか
  • トースターでホイルに包んで焼くだけでできるとか

色々な方法を自分で試して、購入してくれた人が簡単に調理できて、おいしく食べられる方法を探してみてください。

実際に販売するネットショップを作成する

商品ができて、調理方法も完成したら、次は実際に販売するサイトを作ります。

ネットショップを初めてするなら「BASE」というネットショップサービスがおすすめです!

BASEの申し込みはこちらからどうぞ。
\月額料金無料で誰でも簡単に開業できる!/
【BASE】無料で今すぐネットショップが開業・運営できる

BASEは

  • 簡単にネットショップを作れて
  • 初期の登録料金が無料
  • 手数料は販売した商品の6%
  • 商品が売れない限り、お金を取られないので参入しやすい
  • 決済方法もたくさんある
  • 決済手数料も販売手数料6%に含まれる
  • お金もほとんど掛からず、参入しやすいのでおすすめ

サイトの設計も簡単でブログを作るような感覚で通販サイトを作れるので、専門的な知識は必要なくサイトを作れるのがいいです。

おかおか
おかおか
おまけに初期投資が不要。

BASEは初めてネット通販をするなら、間違いなくベストなサービスになります。

ネットショップの販売手数料・原価などから利益がでる価格を考える

販売サイトができたら、いよいよ商品の値付けです。

  • 原価
  • 販売手数料
  • 送料
  • 梱包資材代金
  • 広告費

以上を考えて商品の値段を考えましょう。

通販サイトでは一番問題になるのが「販売手数料」です。
家賃みたいなものですよね。
この販売手数料はサイトによって、大きく値段が変わります。
BASEであれば6%ですが、楽天なんかは一番安いプランで初期費用だけで2万円。
さらに販売手数料もえげつない金額がかかり、大きな差が生まれます。

しっかり販売手数料を考えたうえで、値段を考えましょう。

販売手数料を考えるのであれば、間違いなくBASEがおすすめ。
手数料が低いのでお客さんにも魅力的な値段で商品を届けられます。
お店のほうも自分の首を締めるようなことにもならず、真っ当な商売をすることができます。

BASEの申し込みはこちらからどうぞ。
\月額料金無料で誰でも簡単に開業できる!/
【BASE】無料で今すぐネットショップが開業・運営できる

ネットショップで販売する商品の配送形態・配送方法を検討する

商品を作るときにも検討したと思いますが食品であれば

  • 冷蔵商品なのか
  • 冷凍食品なのか
  • 常温でも大丈夫なのか

食材によっても形態が違うと思います。
どのようなものにするかによって、配送方法も変えなければいけません。

冷凍食品であれば、おすすめの冷凍庫を紹介した記事、こちらご覧ください。
本格的な急速冷凍ができるような冷凍庫ではないですが、小規模製造業であれば十分な機能を持った冷凍庫です。
こちらからどうぞ。

《ハイアール冷凍ストッカー》業務用にも家庭にも使える専用冷凍庫が便利《口コミ》

配送方法が冷凍・冷蔵であれば送料も割り増しになるので、しっかり送料も考慮して考えましょう。

値付けのときにも考えたと思いますが、通販の一番のネックは送料です。
あなたの所在地によって送り先の運賃も変わるので注意が必要です。

BASEであればヤマト運輸と連携して、全国一律の送料で発送できる「かんたん発送」というものがあって便利です。
ですが問題があって、クール便には非対応となっており、食品を扱う我々飲食店には使いづらい発送方法です。

食品ではないものを販売する方にはとても便利な発送方法です。

まとめ

  • どういったものを売るか考える
  • 保健所で食品製造許可をとる
  • 実際に商品を試作する
  • 専門の検査機関に商品を検査してもらって安全な食材か検査する
  • 販売するサイト作る
  • 手数料・原価を考え利益がでるか検討する
  • 配送方法・配送形態を検討する

この7点を順番に計画して実行すればネットショップをしたことがない、飲食店の店長でも通販サイトを立ち上げることができます。

順番通りしても色々なことを検討して行動に移していっても、既存の仕事をしながらだと1か月前後時間がかかりますので根気強く進めていくことをおすすめします。

飲食店が自分達の商品である食品・料理を販売するには、超えなければならない壁がたくさんあります。
壁があるからこそ、参入しづらいビジネスだと思うので挑戦する価値は大きいです。
ぜひぜひ挑戦してみてください。

おかおか
おかおか
僕らのお店も頑張っていきますので。

それではまたっ

おかおかの本業倉敷の和食店のHPはこちらから。

倉敷大衆割烹 千成-せんなり-

本業の千成のブログも書いてます。
こちらからどうぞ。

せんなりのブログ

本業千成のオンラインショップも始めました。

千成のネット通販ショップ

【関連記事】

飲食店がネット通販をするうえでクリアするべき問題《テイクアウト・持ち帰りは現行でOK》

立ち仕事で足疲れてませんか?立ち仕事に最適な靴・疲れない靴を紹介

《飲食店集客》テイクアウトアプリ「menu」を導入して売上アップをねらおう!

みずほ銀行の両替機が改悪されたので、他の銀行はどうなのか調べてみた

コンビニは便利だけど上手く使わないと幸せになれないし、お金持ちにはなれない