倉敷のこと

三井アウトレット倉敷の駐車場待ちに巻き込まれない工夫を教えます

我が倉敷駅前にアウトレットモールができて数年がたちました。

三井アウトレットパーク 倉敷

そこそこ出来てから数年たちますが、結構賑わっていますよ。
週末にもなればお客さんも多いですし、夏休みや連休になれば駅前が大渋滞になることもしばしばで、今や風物詩となりつつあります。
f:id:okaoka0624:20190819005648j:plain
大渋滞になる原因の主なものは駐車場問題となるわけですが、その駐車場待ちを回避できる方法を地元倉敷に住み、駅前で長年商売させてもらってる僕なりの考えを書いていきましょう。

結論からいうと公式駐車場は使わないのが吉。
コインパーキングを使うことをオススメしたいですね。

 

1 まず結論!倉敷駅西側のコインパーキングが狙い目

僕は倉敷駅西側にあるお店を家族で経営しています。
連休も夏休みなんかも毎日通っているので、倉敷駅周辺の様子はかなり詳しい方だと思っています。

自己紹介します ◎どこに住んでるの? 岡山県倉敷市在住。 倉敷生まれ倉敷育ち、大学から10年東京で暮らし、今は地元倉敷に住んでいます。 ...

というわけで倉敷駅周辺の駐車場の様子を教えますが、倉敷駅西側はかなり狙い目な場所です。
特にうちのお店の周りである線路沿いにはパーキングもたくさんあり、連休中でも空いてることもよくあります。
線路沿いなので歩く距離もそこまでではないので狙い目です。

スポンサーリンク



2 アウトレット、アリオ倉敷の隣接する駐車場は夏休みや連休は溢れる可能性大です

連休でない土日であればギリギリ大丈夫かと思いますが、夏休みや春休み、連休になればとなるとキャパシティオーバーになることは避けられません。
おまけにアウトレットが目的の人は専用駐車場に入れたい人ばかり(買い物すれば駐車場無料になりますから)なので、専用駐車場は激混みになります。
またその駐車場待ちで駅前の道路は大渋滞となるといった具合です。

3 車の流れを読んでみよう

線路沿い西側が狙い目な理由を車の流れから見てみよう。

●まず高速道路から来る人が一番多いでしょう。
倉敷駅の北側から入ってくるルートになります。
一番車が多い道がこれになります。

●南側からは倉敷の一番の観光である美観地区側となります。
こちらは美観地区の駐車場も少ないこともあり、止められなかった車が北上してくるようになり、倉敷駅前の交差点でかなりの渋滞を作ることになります。

 

●東側は高速道路から大島の交差点に逃げてきた車が倉敷駅へくる国道429号を通るルートになるので、それなりな交通量となっています。

●西側は一番交通量が少ないルートになるため、西側の駐車場が混み具合が少ない理由かなと思います

スポンサーリンク



4 倉敷市民は極力使わない、県道24号からの駅前踏み切り。ここは極力避けるべき。

倉敷市で一番の交通量と渋滞の原因である24号からの踏み切り。
ここは僕なら絶対に通らないルートです。
回り道してでも通りません。
便利がいいため交通量がハンパなく、駅の真横のため頻繁に踏み切りが閉まる魔の道となっています。
ここで足止めをくらうこともあり、南側からくる車は線路を越えて専用駐車場に入れることは諦めたほうがいいです。

5 専用駐車場に入れたら駐車代金無料になるじゃん→数百円ケチるのと1時間開かない駐車場待ちするのとどちらがいいですか?

倉敷駅周辺のコインパーキングは半日入れて600円、700円が相場です。
時間を有意義に使うためには、それくらいのお金はかけるべきと僕は思います。

6 まとめ

今回のまとめとして

・狙い目な駐車場は倉敷駅西側
・専用駐車場はキャパシティオーバーの可能性大
・倉敷駅前の道路は慢性的に渋滞する
・南側、北側からの道路は一番混むので地元民は通らない
・東西の道路から入りましょう
・時間とお金どっちとりますか?僕ならお金を払って時間を作る

 

駅前にあるアウトレットという触れ込みでしたが、やはり車で来る人のほうが多いなぁというのが実情です。
県外からこられる方が多いと思います。
せっかくなのでお土産も買って帰ってください、岡山・倉敷はおいしいもの多いですよ。

地元倉敷人が教える、ベスト岡山土産教えます-5選倉敷生まれ、倉敷育ち、倉敷在住25年のアラサーの僕がオススメする、岡山でこれ買って帰れば大丈夫なお土産をご紹介します。 https...

今回はアウトレット倉敷の駐車場問題について書いてみました。

倉敷関連の記事をまとめました。

倉敷生まれの36歳が教えます。倉敷のことまとめ倉敷生まれ、倉敷に27年住んでいる僕が教える、倉敷のことを記事にしています。 色々ないいとこ、地元だからわかることなんかを記事にしてま...

それではまた見に来てください。