育児

(絵本はプレゼントにもオススメ)1歳の男の子がハマっている絵本5冊はこちら


今回はわが家の暴れん坊こと息子(1歳半)が大好きな絵本をご紹介したいと思います。
うちの息子は大体、家の中を走り回るような子でして、握力と腕力、脚力はかなり強いんじゃないだろうかと思うような破壊力満点な男の子です。
そんな子が走ることの次に好きなことが絵本です。
生後3ヶ月から読み聞かせていましたが、最初から興味があったみたいで、始めからよく絵本を覗き込んでいました。
そんな息子が好きな絵本をご紹介したいと思います。
f:id:okaoka0624:20190616022408j:plain

1 はらぺこあおむし・★現在7代目を使用中(涙)

とりあえずこれから始めないといけないというレベルで好きな絵本《はらぺこあおむし
確か5ヶ月くらいから読ませてますが、最初から食いつきが良かったです。
今では常に絵本を握っていて、どこに行くにも握りしめて移動。
寝るときも持っているというほどのマニアっぷりです。
お気に入りは最初の夜のシーン。
とりあえずこれを何度も読まされます。
昔はなぜかさなぎのシーンが好きでした。
ツボがよく分かりません。
多分表紙も何度も見てるので、好きなんだと思います。
夫婦だけで千を超える回数読んでると、息子も話を覚えてるふしがあって、あんまり聞いてません。
聞いてないですが、読むのを止めると読めアピールをしてきますので読むという繰り返しです。
王道のはらぺこあおむしが、ここまで好きになるとは思いませんでした。
はらぺこあおむしは色々なタイプのものがありますが、定番は固い紙でできたもの(ボードブック版)。
一番安く小さい愛蔵版は赤ちゃんでも握れるコンパクトサイズ(わが家では今はこれを主に使ってます)
一番高い仕掛け絵本は、本当にすごい仕掛け絵本で、値段は高いですがすごく良いものです(わが家も一冊ありますがすごい食いつき様です)
色々なタイプがありますが、定番の固い紙のタイプ(ボードブック)が最初はいいと思います。

はらぺこあおむし (ボードブック) [ エリック・カール ]

2 ぴょーん

これもかなりの頻度で読まされる絵本。
珍しく縦に開いていくスタイルのえほんで、色々な動物や生き物がジャンプしていくという絵本です。
「いぬが、、、ぴょーん!」のかけ声で1枚目が膝を曲げてからの、2枚目にぴょーんとインパクト大な絵で目が引きつけられるのがいいみたいです。
割と0歳のときから読める絵本で食いつきもよかったです。
今でもよく読むわが家では定番の絵本です。

ぴょーん (はじめてのぼうけん) [ 松岡達英 ]

3 おいもさんがね

さつまいもが仲間のさつまいもを抜いて、抜いた勢いで池におちて、暖をとるために焚き火して焼き芋になっちゃうって話です。
割と年齢上がってからかなと思ってたんですが、絵のさつまいものピンク色とか葉っぱが好きみたいで、結構食い入るように見てます。
多分話は分かってないと思いますが。
紙が弱いので、かなり破れやすいです。
テープで補修することが増える絵本です。

おいもさんがね‥ (おいしいともだち) [ とよたかずひこ ]

4 くだものさん

こちらは簡単な仕掛け絵本となっていて、木の枝の絵をめくると、下からくだものが出てくるという絵本になってます。
このめくる作業がうちの息子は好きみたいで、ペラペラとよくめくっています。


くだものさん (Petit pooka) [ tupera tupera ]

5 だるまさんが

最近買ってきて、レギュラー入りしてきた絵本。
よく笑いながら見てるので、かなり食いつきがいいです。
繰り返し同じ絵が出てくるのがいいみたいです。
ページ数は少ないですが、繰り返し繰り返し読まされる絵本となってます。
売れるものには、やはり理由があるのだなと思った一冊です。

だるまさんが [ かがくいひろし ]

6 まとめ

どうでしたでしょうか。
お子さんによって好き好きが異なると思いますが、こればっかりは見せてあげないと分からないので、失敗もあるかと思います。
また絵本はプレゼントにも定番なものとしてありますが、絵本はおもちゃなんかに比べて場所もそんなに取らないですし、整理もしやすいので何冊あってもあまり困らないです。
たとえプレゼントしたものと同じものを持ってたとしても、絵本は子供に破られたりしてすぐ痛みますし、家用や持ち運び用と用途を分けてやることもできるので、あまり気にする必要もないかと思います。
この五冊は息子が自分から読んで欲しくて、持ってくる本達なので、本人はとても好きな絵本なんだろうなと思います。
それにしては、はらぺこあおむしへの当たりのキツさであおむし貧乏になりつつあるのですが。
好きな絵本はボロボロになる傾向ですので、なんとか買い換えしなくてもいいように補修を頻繁に行う必要があります。
そういう風な親の努力を無にするのが、子供ではあるのですが。
もう少し物を大切にできる子に育って欲しいと思いながら、今回は終わりたいと思います。

関連記事としまして、おすすめのベビー服についての記事も書きました。
okaoka0624.hatenablog.com
その他赤ちゃんグッズのまとめ記事もどうぞ。
okaoka0624.hatenablog.com

www.okaoka.work