育児

最軽量ベビーカー、カルーンエアーabを1年使ってみたレビュー

育児の必需品の一つベビーカー。
わが家のベビーカーはアップリカのカルーンエアーabを購入し、1年以上使い続けています。

そんなカルーンエアーを購入した理由と1年使ってみたレビューをしていきたいと思います。

スポンサーリンク



1 カルーンエアーabを選んだ最大の理由、それは業界最軽量ベビーカーであること

アップリカのベビーカーではダントツで軽い3.9kg。
他社のものも最軽量なものは4kg前後で、4kgをきるものはカルーンエアーかF2プラスかといった感じだったかと思います(2018年春時点です)
わが家では軽いものが一番使い勝手がいいだろうと思っていました。

実際使ってみたら、ベビーカーを持ち上げることの多いこと。
車社会の倉敷でも、しばしばありますので注意が必要です
(倉敷駅からアリオへの入口はベビーカーや身体障害者へ厳しい造りなので、改善して欲しいなぁ願望)
www.okaoka.work

というわけでベビーカー使用において、重量は大きなポイントであろうと思います。

子供を連れて「児島のせんい祭」にいってみた模様を記事にしています。こちらもどうぞ。
www.okaoka.work

2 カルーンエアーacは他のベビーカーに比べ安い価格が嬉しい!

カルーンエアーは実際の販売価格は25000から30000円という価格で、大手のベビーカーの中ではお安い価格で購入ができます。
高いものは5万とか7万、海外メーカーのものには10万円を超えるものもあるので、買いやすい価格なのは子育て世代にはありがたいです。
但し安いからといって、粗悪なものではありません。
実際1年使ってみて、壊れるようなこともないですし、しっかりした商品です。
また高い価格のものだからといって、良いものとはかぎりません。
実際アップリカのものも、機能面ではカルーンエアーよりいいものばかりですが、重量面ではカルーンエアーが一番軽いです。
重さに重点を置く方は、価格だけでなく、重量も確認してから購入してもらえればと思います。

スポンサーリンク



3 カルーンエアーabはわが家の愛車デミオのトランクにちょうど入る大きさ

わが家の車は二代目デミオです。
ベビーカーを横に置いて、トランクにちょうど入る大きさになります。
ベビーカーを車のどこに積載するのかというのは大きな問題です。
トランクの大きさを計り、ベビーカーを畳んだ状態の大きさと比較して購入してください。
トランクに積めないと、座席に置くことになると思いますが、座席に置くと人が乗れるスペースが少なくなりますので、オススメしません。
なかなか車を買い換えるということは難しいですので、しっかりとベビーカーの大きさは確認してもらいたいですね。

デミオを買った経緯を記事にしました。
www.okaoka.work

 

○たたむと自立することができます。
そしてコンパクト。
自宅で保管するのもスペースをとらず、玄関におくこともできる大きさなのも嬉しい。

4 カルーンエアーは対面式ベビーカーにすることもできます。→わが家では数回しか使ったことはありません。

対面式ベビーカーとしても使うことはできます。
但し、対面式にした場合、後輪のみ方向転換できる仕組みとなっているため、使用感はかなり悪いです。
対面式で使うことが多い方は、カルーンエアーはオススメできないベビーカーとなります。
わが家での経験上、対面式にした時は数回だけで、背面式でも困ったことはほぼありません。
個人的には外の景色を子供には見てほしいので、背面式のほうがいいんじゃないかなと思ってます。
色々な景色を子供には見てほしいですからね。

5 カルーンエアーのシート下の荷物入れは、ちょっとした買い物袋が入るくらいです。

シート下の荷物入れには、だっこ紐や子供が好きなタオルケットなんかを入れてることが多いです。
ちょっとしたものが入る程度です。
積載量を増やすために、100均で売っているフックなんかで、カスタマイズしていくのが常套手段かなと思います。

6 カルーンエアーabは軽さゆえに問題もおきます

スポンサーリンク




軽いことが最大のウリだと思うカルーンエアーですが、それゆえに気をつけていかないといけないことがあります。
それはフックをハンドルに増設して、荷物をそこに吊していくというのが定番にしている人が多いですが、軽いので子供が立ち上がったり、子供を持ち上げたり降ろしたりすると、重心が後輪側にどんと載ってしまいウィリーをするような状態になり、横転してしまうことが多いことです。
メーカー側からそういう使い方はしないようにという注意書きがありますので、使いやすいからといって使っている我々親が悪いですので、使う上でしっかり注意して使ってもらえればと思います。

またこれも軽さゆえに、強風であおられたりして横転するということもあります。
ハンドルを持っている人がちゃんと両手でハンドルを持っていれば、踏ん張ることができますので、片手ではなく両手で握って、子供さんを守ってあげてください。

7 まとめ(最軽量ベビーカー、カルーンエアーab1年間使用した感想)

カルーンエアーは業界最軽量のベビーカーであり、なおかつ買いやすい価格帯のベビーカーですごくいい商品です。
わが家では不満点は一つもなく、これを買って本当に良かったと夫婦で言うような、そんな商品です。
割と知り合いの人もそうですし、YouTubeでも二台目買いましたという話をしてるユーチューバーさんも何人もいましたので、これから購入される方は色々な観点から見比べてやってもらえればと思います。

↓購入ページはこちらです。

カルーンエアーの他に我が家で競合したベビーカーを紹介比較しました。
www.okaoka.work

 

僕の一番重要だと思うのは、やっぱり軽さだと思いますので、やはり軽いベビーカーで大手メーカーのものを買うべきだと思います。
今回の記事が参考になれば幸いです。

 

・その他赤ちゃんグッズのまとめ記事もどうぞ。
www.okaoka.work